かかりつけ薬剤師実践コース
日程はこちら 入力フォームで申込み 申込書のダウンロード

2016年調剤報酬改定にて、「かかりつけ薬剤師指導料」と「かかりつけ薬剤師包括指導料」が新設されました。また薬学管理料の加算である重複投薬・相互作用等防止加算や特定薬剤師管理指導加算・乳幼児服薬指導加算の大幅アップなど、対物業務から薬剤師が行う対人業務へ、調剤報酬そのものがシフトしています。今後、この対人業務への移行はもっと進んでくるものと思われます。この対人業務では、調剤行程上、先確認が必須であり、さらに進んで先確認・先指導ができる環境も整ってきました。今後の電子お薬手帳、電子処方箋に耐えうるような調剤行程の変更や、点数が厚くなったことによる服薬の一元的、継続的管理を怠らず(未記載など許されない)、患者さんが70点や270点払っても納得できる業務を行っていかなければなりません。時代の先を見つつ、個別指導にも耐えうる薬歴の書き方、残し方も学んでいきます。

<カリキュラム>
 ●薬歴とは
 ●かかりつけ薬剤師の役割
 ●薬剤服用歴管理指導料と各種加算
 ●薬歴の書き方の基本

日程はこちら 入力フォームで申込み 申込書のダウンロード
ネオフィスト研修・講座一覧表
日本コミュニティファーマシー協会
人と薬の羅針盤
講師派遣
コミュニティファーマシーフォーラム
インデックスページ
研修・通信教育
読みもの
ドイツ関連
商品企画
研修・講座〜開催日程・受講料
会社概要
お問い合せ
サイトマップ

(C) 2016 neophist.Inc.-all right reserved ▲TOP